1. HOME
  2. ブログ
  3. 集客できるホームページの3つのポイント|整体院、エステサロン、整骨院のホームページの作り方

集客できるホームページの3つのポイント|整体院、エステサロン、整骨院のホームページの作り方

自分でホームページを作ろうと思うのですが、集客に強いホームページを作るためのポイントを教えて頂けますか!?

というあなたの為に、集客できるホームページを作るための3つのポイントについて解説をしていきます。


解説をするのは、こちらの先生。
900人超のセラピスト、治療家の開業サポート実績。オリンピック代表選手を始め実業団のスポーツ選手の治療を手がける一方、理学療法士の学校で講師を、またプロの鍼灸師、理学療法士などに技術指導を行う。開催するセミナーは募集開始後平均3日で満席に。そんなセミナーには全国から800人超のセラピスト、治療家が集まる。現在Amazonにて4つのDVDと1つの電子書籍を発売中。
詳細プロフィールはこちら


 

1、ホームページは見た目が9割!

ホームページの見た目は、写真で90%決まります

エステサロンや整体院などのホームページで、集客できるかどうかは見た目で9割決まります
なぜなら、多くの人は、ホームページを開いた瞬間、その先を読むかどうかを決めると言われているからです。

具体的には、あなたのホームページを開いて、目に入ってくる写真(画像)を見て、

「綺麗なサロンだな」
「先生が優しそう」
「お客さんがたくさん来ているんだな」

というように、興味を持って貰えれば、その先を読み進めて貰うことができます。
逆に、何も感じて貰えなければ、直ぐにサイトを閉じられてしまいます。

中でも、1番大きく目に入りやすいヘッダーは重要な部分になります。

ですので、ホームページを作る際は、写真だけはケチらないで、一眼レフなどで撮った綺麗なものを用意することをおススメします。

写真撮影

 

2、綺麗だけじゃダメ!親近感が顧客を呼ぶ!

1、で、ホームページの見た目は、写真で90%決まります!というお話をしました。
ですが、実際、プロに写真を撮って貰い、超綺麗なホームページを作って貰ったけど、全然お客さんが増えない!という方がたくさんおられます。

どうしてなのか??

原因は1つではありませんが、特に多いのはこちら。
ホームページが「さむい」のです。
どういう事かと言うと、見た目は綺麗だけど、なぜか人の感情が伝わってこないのです。

実は、この「さむさ」感を簡単に打開する方法があります。
それは、たくさんの人を出す、ことです。

お客さまやスタッフの笑顔をたくさん見せます。
これはヘッダー画像でもいいですし、ブログ記事の中でもOKです。

最近は、ビフォアアフターやお客さまの声などの規制も強くなってきましたが、そういう面でも人の写真は最強ツールです。

人は人がたくさんいるところに集まってきます
今にも崩れそうなボロボロのカフェでも、そこに人が集まっていれば、趣(おもむき)のあるカフェだな~と言われ、人気を呼ぶわけです。
これはリアルだけでなくネット上でも同じです。

ホームページは綺麗だけでは顧客は集まってきません。
人を出すことで顧客が集まるホームページを作ることができるのです。

 

3、ブログで検索上位を狙う!

現在、SEO対策として最も効果的な方法と言われているのが、コンテンツページの量産です。

少し前までは、ホームページのタイトルの付け方やお客さまの声、ビフォア・アフターを書いていけば、集客はできる、と言われていました。
でも、今は違います。

Googleは、検索する人たちに最も有益な情報を、検索結果に反映しています。
つまり、お客様の立場に立って、本当に欲しい情報を考え、親身になって提供することが、結果として、検索順位に返ってくるということです。

コンテンツページの詳細はこちらをご参考にしてください

整体サロンのホームページを上位表示させる新しい方法

 

4、まとめ

はじめてホームページを作る方や、前に依頼していた制作会社と色々ありまして・・・と言った方にとっては、ホームページ作りというのは不安な事だらけだと思います。

ただ1つ言えることは、上に挙げたようなポイントさえつかめば、何十万円もかけなくても、お客さまが集まるホームページを作ることができます。
むしろ、1つのホームページ制作に大金をつぎ込むくらいなら、単価を抑えて複数のサイトを作る方がよっぽど集客には有利です。

是非ご参考にして頂けましたら幸いです!(^^)!

ご相談などがありましたら、どうぞお気軽にご連絡ください。勧誘などは一切致しませんのでご安心ください!(^^)
 メールはこちら

 

5万円→3万円】格安ホームページ制作  詳細はこちら

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事