1. HOME
  2. ブログ
  3. ブログ集客はアメブロとWordPressのどっちがおススメ?|整体院、整骨院、エステサロンの集客法

ブログ集客はアメブロとWordPressのどっちがおススメ?|整体院、整骨院、エステサロンの集客法

こんにちは、わし山です。
ホームページを作る時に、集客のご相談を頂くことがあります。
その中でも、よくある質問がこちら。

ホームページを作ったら、アメブロとホームページのブログのどちらを優先した方が良いのですか?

折角、頑張って書いたブログが、集客にあまり役に立っていなかった!?
なんてことになるのは、とても残念ですよね。

そこで本記事では、整体院やエステサロン、整骨院などの集客におススメのブログ集客法について解説をしていきます。


解説をするのは、こちらの先生。
オリンピック代表選手を始め実業団のスポーツ選手の治療を手がける一方、理学療法士の学校で講師を、またプロの鍼灸師、理学療法士などに技術指導を行う。開催するセミナーは募集開始後平均3日で満席に。そんなセミナーには全国から800人超のセラピスト、治療家が集まる。現在Amazonにて4つのDVDと1つの電子書籍を発売中。
詳細プロフィールはこちら

1、ブログ集客はアメブロとWordPressのどっちがおススメ?


結論から言うと、ホームページのブログをメインにした方が、断然メリットが大きいです。
なぜなら、ホームページのブログは、良い記事を書けば書くほど、ドンドン検索に強いサイトに育っていきます
しかも、半永久的に。

例えば、あなたがネットで「●● 方法」などのワードで検索をかけたところ、何年も前の記事が出てきて「古っ!!」と思ったことはありませんか?
実は、良いブログ記事=よく見られる記事というのは、古い記事でも、上位に表示されることがよくあります。

このように、良い記事を書けば書くほど、集客に強いサイトを作ることができます。

 

2、アメブロ集客のメリット・デメリット

一方、アメブロの集客効果は、どうなのか?と言うとですが・・・

アメブロというのは、土地を借りて営業をさせて貰っている、という状態になります。
ですので、突然、アメブロがなくなったり、規約が厳しくなった時などは、これまで書き続けてきた記事が一瞬にして消えさってしまいます。

実は、実際、過去に、こういうことがありました(^^;
なので、その当時を知ってる人たちは、一斉にワードプレス(ホームページ)でブログを書くようになりました。

では、アメブロはやらなくてもいいの?
と思うかもしれませんが、私の経験上、やった方が良いです!絶対に!!

その理由は、無料で、しかもターゲットを絞って宣伝ができるからです。
そこで、アメブロのおススメ機能について解説をしていきます。

 

3、アメブロでお客さまを増やす方法

アメブロを使えば、あなたのお店のターゲットとなる人たちに絞って宣伝をすることができます。
しかも、ダイレクトに宣伝ができます。
新聞の折り込み広告やポスティングのように、明らかにターゲットから外れた人たちにお金をばらまくような無駄がなくなります。

それでは具体的に、どういう方法で宣伝をすればいいのか?
その方法を、ご紹介します。

①検索窓に、あなたがターゲットとする見込み客の地域(住所)を入れて検索をします

 

②そうすると、「自由が丘」という地名にかかわる人たちのブログがずらりと表示されます。

さらに、女性客をターゲットにしたい場合は、「自由が丘 女性」と言うワードで検索をします。

 

③表示された皆さんのブログを開き「フォロー」をしていきます。

実際にブログを見てみて、あなたのお店のターゲットなりそうな人や、あるいは、あなたのことを広めてくれそうな人たちをフォローしていきます。
ここでポイントなのが、「公開でフォローする」にしてフォローをすると、フォローをしたことが相手に伝わります。
つまり、フォローをすることで、あなたのことを知って貰えるという訳です。

こうしたフォローをたくさんすることで、多くの人たちにあなたのことを知って貰うことができます。
ちなみに、フォロー数の上限は、24時間で200件、全体で2000件に変更となりました。

この「フォロー」の機能は、皆さんが想像されている以上に集客効果があります。
ですので、コツコツと続けてみてください。

 

4、まとめ


このように、メインのブログは、ホームページに書き溜めていく!
そして、そのブログに誘導する記事を、アメブロやFacebook、twitterなどに書いていきます。

「続きはこちら」とか「詳細はこちら」という感じでね。

こうした導線を作ることで、外からのアクセスを増やすことができます。
その結果、サイト自体の価値も上がり、検索順位があがることも期待できるというわけです。

このように、ブログは、自分のホームページをメインに書いていくようにしましょう!

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事